HOME  症例  坐骨神経痛・椎間板ヘルニア

症例

坐骨神経痛・椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは、一般的に、腰、お尻(臀部)から脚にかけての痛みの症状を総称したものです。
坐骨神経の圧迫や脊椎神経根の圧迫その他、様々な原因が考えられます。
椎間板は20歳を過ぎた頃から、少しずつ弾力性を失ってゆくと言われています。また、偏食や加齢によりカルシウムが不足すると、骨粗鬆症や骨の変形を引き起こしやすくなります。さらに日常生活での悪い姿勢や動作が作用し、それらが引き金となって椎間板のヘルニアを発症します。

坐骨神経痛の治療

腰椎牽引

腰椎の間隔を広げることにより、神経の圧迫を軽減します。


鍼灸治療

鍼灸による局所治療を行い、痛みを軽減することができます。


ストレッチ

神経の炎症により、筋肉も固くなり、動きづらくなります。ストレッチ法により、ゆっくりと筋肉を伸ばし、やわらげてゆきます。

診療時間
交通事故治療(保険治療)
症例
スポーツ障害 鍼灸治療 施術料金 よくある質問 総合案内・アクセス お問合わせ 往診と送迎 全身マッサージ 英国式足裏マッサージ PURE.ROSE スタッフブログ 大塚整骨院facebookページ
ページトップ