HOME  スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは、長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害です。体の使い過ぎを原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。
なお、転倒などによる突発的な怪我は、スポーツ外傷と呼ばれ、スポーツ障害とは区別されます。

野球肩・野球肘

野球肩・野球肘

投球動作によって起こる肩の障害を野球肩、肘の障害を野球肘と呼びます。不適切な練習や不適切な投球動作の繰り返し等によって発生する障害です。
物理療法で痛みが軽減したら、トレーニングと平行してストレッチ、マッサージ等を行い、治療をすすめてゆきます。

テニス肘

テニス肘

テニスなどのラケットを使用するスポーツをする人に多くみられる、上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎のことを通称テニス肘と呼んでいます。初心者や筋力の弱い中年の女性に多くみられる症状です。
患部を安静にし、サポーターの使用や冷却で患部の炎症を抑えることが大切です。

ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンプ動作を多用する競技において多く発生する障害です。膝に大きな負担がかかるジャンプ・着地を繰り返すうちに、膝蓋骨と膝蓋靭帯の付着部分に炎症が発生し、痛みを感じるようになります。放置しておくと腱の断裂や骨の凸出が生じることもあるため、できるだけ早期に治療することが大切です。
治療は筋力が低下しないように、スポーツの練習を継続しながら行います。

オスグッド病

オスグッド病

オスグッド・シュラッター症候群とも呼ばれます。
膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎で、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られます。

診療時間
交通事故治療(保険治療)
症例
スポーツ障害 鍼灸治療 施術料金 よくある質問 総合案内・アクセス お問合わせ 往診と送迎 全身マッサージ 英国式足裏マッサージ PURE.ROSE スタッフブログ 大塚整骨院facebookページ
ページトップ